我が家のお金ルール 其の二十:家族で貯める「銀色お釣り貯金」(40代男性・あつ家)
特集

我が家のお金ルール 其の二十:家族で貯める「銀色お釣り貯金」(40代男性・あつ家)

我が家のお金ルール

これって普通? それともヘン? 大切なお金を有効に活用するための、我が家のローカルなお金ルール。よそのおウチを覗いてみると、お金のヒントが転がっているかも!?

▼関連記事
「我が家のお金ルール」 其の十八:夫婦喧嘩のあとは、罰金貯金!(20代男性・T.K家)

「我が家のお金ルール」 其の十九:朝風呂をしたら500円の罰金!?(20代女性・アカリン家)

あつさんの家の「お金ルールは」こちら!

家族で貯める「銀色お釣り貯金」

家族で貯める「銀色お釣り貯金」

我が家のお金ルールは「お釣りに銀色の硬貨があったら貯金する」です。

最初のきっかけは、禁煙と同時に始めた500円玉貯金。煙草に使うはずだった金額を貯金箱に入れていたのですが、父親である私以外の家族は誰も入れてくれませんでした。それでも月に約15,000円のペースで貯まっていたので、半年で約10万円の貯金に!この頃、中学3年生の息子が陸上で全国大会に出場することが決定したため、貯まったお金で県外まで足を運び、家族全員で応援することができました。

次は家族全員で参加できる貯金をしたいと思い、ルールを変更。1円玉や10円玉が増えても逆に両替にお金がかかるので、子供も大人も気軽に入れられる「50円玉・100円玉・500円玉の硬貨」に限定して貯金を始めました。ルールを変更したことで、今年に入ってから5万円ほど貯めることができたんです!

この貯金を始めて良かったことは、最初はイヤイヤ貯金していた子供たちも、今では目標を持って自発的に貯金していることです。親の知らないところで少しずつ貯金していることを、後から知って驚いています。例えば「このお菓子を買うのを我慢して、兄弟みんなで100円入れよう」など、協力し合っていると聞くと、親として嬉しいものです。

また、「貯金したお金が自分のところに帰ってくる」という経験が増え、お金の勉強にもなっていると感じています。貯金のためにお菓子の購入を我慢することもあるので、結果的にスーパーで親が買わされるということもありますが、そこは大目に見ています。笑

ちなみに、貯金箱は手作りです。ピーナッツなどが入っている大きめのプラスチック容器の蓋に硬貨を入れられるように穴を開けています。透明なので貯まっていくのが視覚的に見えて楽しいですよ!
ときどき貯金箱を開けて、いくら貯まっているかを子供達と数えるのも楽しい作業です。

今春、この5万円で温泉旅行に行く予定だったのですが、新型コロナウイルスの影響で残念ながら延期になってしまいました。貯金はそのまま続けているので、予定していたよりも豪華な旅行ができそうです。家族全員で貯金できて子供の教育にも良いと思うので、気になった方は是非試してみてください!

▼関連記事
「我が家のお金ルール」 其の十八:夫婦喧嘩のあとは、罰金貯金!(20代男性・T.K家)

「我が家のお金ルール」 其の十九:朝風呂をしたら500円の罰金!?(20代女性・アカリン家)

皆さんの「我が家のお金ルール」を募集しています

皆さんの「我が家のお金ルール」を募集しています

mymo編集部では、このような「我が家のお金ルール」を読者の皆さまから募集しています!採用された方には、瀬戸康史さん仕様のmymoオリジナルQUOカード500円をプレゼント!ふるってご応募ください。

App store
Google play