お金

エアコンなしでも快適!手軽に買えるひんやりグッズで電気代節約!

ためる

エアコンなしでも快適!手軽に買えるひんやりグッズで電気代節約!

【画像出典元】「New Africav-stock.adobe.com」

2022年春の電気料金は最高値を更新、さらに高くなることも予想されています。そこで心配なのがエアコンを使う、夏の電気代です。設定温度を上げたり使う時間を短くしたりすれば、電気代は安くできますが、暑さを我慢せねばならず体によくありません。そこで今回は、我慢しなくても電気代を節約できるアイデアや、夏のひんやりグッズをご紹介します!

2022年夏はさらに電気代が高くなる予想

電気代アップ
【画像出典元】「PhotoAC」

今年電気代が毎月上がり続けている原因は、石炭や液化天然ガスといったエネルギー価格の高騰にあります。その背景には、コロナ禍からの景気回復による急激な需要増、ロシアによるウクライナ侵攻、円安・・・とさまざまな問題が絡み、すぐに解消できるわけではなさそうです。

そこで必要になるのが、夏の電気代対策。例年通り家電を使っていると、びっくりするような金額を請求されるかもしれません。さらに、エネルギー不足が起こった場合には、計画停電になる可能性も。

そうなると、体を直接冷やしてくれる熱中症対策のグッズは、在庫切れとなる事が考えられます。今年の夏は、ぜひ早いうちに、夏の電気代対策と熱中症対策をスタートしてください。

夏の家電で消費電力が大きいのは、やっぱりエアコン!?

エアコン
【画像出典元】「PhotoAC」

本当に他の家電よりも高いのでしょうか?実際に計算してみましょう。ここでの電気代は、消費電力(W)×使用時間(1時間)÷1000で出た数字に、電気料金単価(27円)を掛けたものです。

※27円は全国家庭電気製品公正取引協議会が提示する電力料金の目安単価であり、実際の料金単価は電力会社やプラン、地域によって変動します。

●エアコン(Panasonic /CS-282DFR):1時間20.79円
(参考:Panasonic HP

●テレビ(SHARP/ 4T-C43EN2):1時間4.35円
(参考:SHARP HP

●冷蔵庫(SHARP /SJ-MF46J):1時間7.05円
(参考:SHARP HP

毎日使っている家電の中から3つ比較してみましたが、やはりエアコン代が高いことがわかりますね。次にエアコンの電気代を節約しつつ、暑さを軽減させてくれる方法について考えてみます。

お金のかからない冷房代節約術は?

水撒き
【画像出典元】「Kazoka303030-stock.adobe.com」

エアコンの電気代を節約するには、室内の温度上昇を抑える工夫や、暑さを感じさせない工夫が必要。そこで冷却グッズやひんやりアイデアなど、コストをかけずに涼を感じられる方法を紹介します。

打ち水をする

ベランダ・庭が南にあるなら、打ち水がおすすめ。涼しい朝方、気温が下がり始める夕方の2回行うと、水が蒸発する際に地表の熱を奪ってくれます。

緑のカーテンをつくる

こちらもベランダが南にある場合におすすめの方法。ゴーヤなどのツル性植物を植えると、通気性がよく直射日光は入らないグリーンカーテンになります。

ミントを使う

ミントは、香りを嗅ぐだけで体感温度が下がるといわれています。精油をスプレーにしてルームフレグランスにすると、清涼感を感じられます。また、水を張った洗面器にミントを入れ、足を浸すとよりひんやり感が増します。

冷感ウェアを購入

アウトドアウェアブランドの多くは冷感素材を使った商品を販売しています。中でもワークマンには、1000円前後で購入できる冷感素材の服もあるので、要チェックです。

大活躍!100円ショップで購入できるひんやりグッズ

DAISOなどの100円ショップで買える手軽に涼を取れるグッズを紹介します。売り切れ次第販売終了の商品も多いので見つけたら即購入を!

アイス枕や冷感素材を使った枕、シーツなど

冷感素材の寝具
【画像出典元】「DAISO公式Instagram

体・頭を直接冷やせるアイス枕や冷感素材を使った枕、シーツは、寝苦しい熱帯夜の対策におすすめです。

・接触冷感シリーズ(各種220円~、税込)

ミントのアロマオイル

ミントオイル
【画像出典元】「DAISO公式HP

100均のアロマオイルの中でも、マッサージ用とあるものは肌につけてOK。足湯に入れる、寝る前にディフューザーに垂らすなどで、夜もすっきり過ごすことができます。

・アロマオイル(ペパーミント)(110円、税込)

クールネック

クールネック
【画像出典元】「ダイソー博多バスターミナル店 【公式】Instagram

今年注目なのが、首元を冷やしてくれる「クールネック」。繰り返し使用でき、充電・電池いらずなのもうれしいですね。

・クールネック (1100円、税込)

ハンディファン

ハンディファン
【画像出典元】「DAISO公式Instagram

エアコンと併用するだけで、ひんやり効果がアップ!どこにでも持ち運べる手軽さが魅力です。

・ハンディファン(550円、税込)

DAISOやSeriaなど100円ショップによって商品名や価格は違いますが、多くの100円ショップで購入できるものを取り上げてみました。このほかにもさまざまな冷却グッズがありますので、暑さ対策に取り入れてみてください。ちょっとした工夫でグッと電気代を減らすことができますよ。熱中症には気をつけて、無理のない範囲で電気代を節約しましょう。