MONEY

「クーラー掃除は意外と簡単」自分でできる掃除術とキレイを保つコツ

ためる

「クーラー掃除は意外と簡単」自分でできる掃除術とキレイを保つコツ

【画像出典元】「Andrey Popov - stock.adobe.com」

目次

パッと見ではわからないエアコン・クーラーのほこりやカビなどの汚れ。業者に頼んで掃除してもらうのもひとつですが、効率よくエアコンを動かして電気代を節約するために、自分でも適度な頻度で掃除をおこなうのが理想です。コツを覚えれば意外と簡単! 掃除のやり方と一緒に、気になるクリーニングの値段についても見ていきましょう。

都市伝説「エアコンのつけっぱなし」は本当に電気代節約になるの?

「結局冷房と除湿はどっちがお得なの?」 快適湿度が電気代節約の鍵

エアコン・クーラークリーニングを業者に依頼!気になる相場は?

エアコンを点検する作業員
【画像出典元】「buritora - stock.adobe.com」

エアコン・クーラーのクリーニングは、安くて1万円程度、高いと5万円以上します。

クリーニング費用は、自動掃除機能の有無で大きく分けることができ、機能付きのほうが費用が高いのが特徴です。また、クリーニングを清掃業者に依頼するのか、メーカーに依頼するのかによっても費用が大きく変わります。

ハウスクリーニング業者に頼む場合

自動掃除機能なしで1万円~2万5000円、自動掃除機能ありで1万8000円~3万3000円が相場です。一般家庭ではあまり見かけませんが、天井埋め込みタイプの場合は+1万円くらいが相場となっています。

業者に依頼するメリットは、エアコンメーカーによるクリーニングと比べると値段が安いという点です。ただし、製品によっては対応できないケースがあり、部品を細かく分解してクリーニングできないことがあります。

エアコンメーカーに依頼する場合

3万8000円~5万円が相場です。製品の設置状況や機種などで値段が大きく変わることがあります。

コストはかかりますが、メーカーなので製品に対する知識が豊富です。細かく分解した上での洗浄が可能で、安心感もあります。

いずれに依頼するとしても高額なので、少しでもエアコンに汚れがたまらないよう、日ごろから自分でできる範囲でエアコンを掃除することが大切です。

実は意外と簡単!自分でクーラー掃除をしてみよう

掃除機のノズルと汚れたエアコンフィルター
【画像出典元】「kelly marken - stock.adobe.com」

自分で掃除すると聞くと大変そうなイメージがあるかもしれませんが、掃除する箇所とやり方を覚えれば簡単にできます。

事前準備

エアコンの運転を停止し、安全のため電源プラグを抜くかエアコン専用のブレーカーを切りましょう。

掃除がスムーズにできるよう必要なアイテムを揃え、部屋を汚さないように養生をしておくこともポイントです。

掃除にあると便利なアイテム

脚立
新聞紙
ゴム手袋
掃除機
雑巾
中性洗剤
歯ブラシ
綿棒
つまようじ

自分で掃除できるところは3箇所

・表面や上部

エアコンの前面パネルを開ける前に、表面や上部に付着したほこりを拭きとります。水気があると故障の原因となるので、雑巾やハンディモップなどを使い乾拭きしましょう。

・エアフィルター

エアコン内にあるエアフィルターを取り外し、ほこりを掃除機で吸います。落とせない汚れは、液体中性洗剤を入れてよく溶かした水、またはぬるま湯で水洗いしましょう。水洗い後は、水切りをしてから日陰でよく乾かすことが大切です。

・ダストボックス

ダストボックスには、フィルターの自動掃除機能で集められたほこりなどの汚れがたまっています。中にたまっているほこりを捨て、汚れがこびりついている場合は、掃除機や水洗いで汚れを落としましょう。水洗いした場合はエアフィルターと同じで日陰でよく乾かします。

おすすめの掃除グッズ

【KINCHO】アミライト フィルター洗浄スプレー

泡で汚れを浮かして落とす優れもの。ブラシでこする必要がなく、フィルターを傷めずに目に詰まった汚れを落とせます。除菌効果付きです。

【ユニ・チャーム】ウェーブ ハンディワイパー のびるタイプ

ほこりを舞い上げずに絡め取れるアイテム。2段階の長さ調節が可能で、ヘッド部分の角度も5段階調節ができるため、手が届きにくいエアコンの上部も拭きやすいです。

自分で掃除をするときの注意点

エアコン内部にこびりついた汚れが見えても、できる範囲の掃除にとどめることが大事です。下手に触ってしまうと部品が壊れたり、エアコンの故障の原因になったりするので、自分でできない部分はシーズン後に業者やメーカーに依頼するようにしましょう。

エアコンのキレイを長持ちさせるコツ

冷房後、暖かい空気が冷やされてエアコン内には湿気がたまっています。使用後そのままにしておくと、水分によって汚れがこびりつきにくくなり、カビも生えやすくなるため、送風や内部クリーンなどでエアコンの内部を乾燥させるようにしましょう。

掃除の頻度は、よく使用する夏場・冬場は2週間に1回、ほとんど使用しないときでも1か月に1回程度が目安です。フィルターだけでもこまめに掃除をしてキレイな状態を保ちましょう。

都市伝説「エアコンのつけっぱなし」は本当に電気代節約になるの?

「結局冷房と除湿はどっちがお得なの?」 快適湿度が電気代節約の鍵

クーラー掃除は、フィルターやダストボックスを外して水洗いするだけです。業者やメーカーによるエアコンクリーニングをうまく活用しつつ、自分でも定期的に掃除をしてキレイな空気を保ちましょう。

App store
Google play