お金

投資初心者にソーシャルレンディングがおススメな3つの理由!

ふやす 中村 賢司

投資初心者にソーシャルレンディングがおススメな3つの理由!

【画像出典元】「iStock.com/Tzido」

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの中村賢司です。

ソーシャルレンディングをご存じですか?

低金利が続くご時世、銀行預金や国債を購入してもほとんど金利は期待できません。そこで投資を始めたいと考えている人も少なくないのですが、株や投資信託では値動きが大きくちょっと怖いとなかなか重い腰があがりません。

そんな人には、今回紹介するソーシャルレンディングがお薦めです。ここ数年の間に注目が集まっている投資方法で、初心者にもわかりやすい商品設計となっています。

一見危険の多そうなこの投資が、実は投資初心者にもおススメな理由を今回は解説します。

1.ソーシャルレンディングとはなにか?

ネットをする人
【画像出典元】「iStock.com/Tzido」

一言でまとめると、お金を借りたい企業とお金を貸したい個人をインターネット上でつなげる金融仲介サービスです。

10年くらい前から始まっているサービスですが、ここ最近注目を集め、その市場規模は年々倍増しています。個人投資家から小口資金を集め、仲介会社がそれを必要としている事業者へ融資をし、そこから得た利息を個人投資家へ配当として還元する仕組みとなっています。

少ない金額から始められることと高い利回りが期待できることで、個人投資家から人気を集めています。

投資先の事業者には、太陽光ファンドや不動産担保ファンド、再生可能エネルギーの発電事業者や外国人技能実習生向けの貸付事業などがあり、自分のお金が何に使われているかその使途が明確になっていることも人気のひとつです。

2.ソーシャルレンディングのメリットとデメリット

大きな利益
【画像出典元】「iStock.com/worradirek」

メリットは何といっても銀行預金や国債などと比べ高い利回りが期待できるところです。年利3%程度のものから10%のものまであります。

また、株式投資と比べ景気に左右されることなく、その事業が成功すれば元本も償還されます。

さらに、まとまった資金がなくても1万円から投資できるようになっています。

一方デメリットは、元本が保証されていないという点です。リスクは債券と株の間くらいといったところでしょうか。また途中換金(解約)もできません。

資金を集める際には期待利回りを表示していますが、その利回りを下回る可能性もあります。

3.投資初心者にもおススメな理由3点

個人投資
【画像出典元】「iStock.com/beer5020」

まず1つ目は、少額資金で始められるという点です。1万円から始められる仲介会社が多いので、まずは少額から始めてみてはいかがでしょうか。

2つ目は、高い利回りが期待できるという点です。もちろん元本保証はありませんが、株式投資のように日々値動きがあるわけではなくマーケットの動向を気にしなくても構いません。投資期間は短いもので半年から1年程度のものから、長いもので3年程度のものがありますが、その投資期間じっとしていればいいのです。

3点目は、投資した資金が何に使われているか明確であり、またそれを自分自身で選ぶことができるということです。高い利回りを期待するだけではなく、自分が応援したい事業に投資するということは、お金の活きた使い方だと思います。

まとめ

投資会社
【画像出典元】「iStock.com/lovelyday12」

具体的に投資を始める際は、インターネットで仲介会社を探します。大手から中小まで約20社の会社があり、投資先の事業形態もさまざまなので、運用期間や期待利回りなど自分の投資目的に合ったものを選んでください。

口座開設方法は、ホームページから申し込み、まずログインIDを取得します。その後、本人確認のためマイナンバーや免許証を提出し、銀行口座を登録します。数日後に届く郵便物を受け取り、それから投資ができるようになります。

貸倒0件を謳っている会社もあれば、資金集めの際に虚偽の説明をした疑いがあると証券取引等監視委員会から調査を受けた会社もありますので、仲介会社選びは慎重に。


貯金だけではなかなかお金が増えない時代なので、今年のボーナスは少しリスクを取ってソーシャルレンディングを始めてみてはいかがでしょうか。

App store
Google play